本当の「受容」

眠れないなら、眠れなくてもいい
起きれないなら、起きれなくてもいい
旅行にいけないなら、いけなくてもいい


親から見て 不憫に思うことでも
子どもにとっては それが、今「最善」の選択なのである


本当の「受容」とは、そこになんの「執着」がないこと
彼らの今の行き方を尊重するということ
彼らは、学ぶべきことを学んでいる
彼らの選択の結果を むやみに一喜一憂しないこと
親は、結果を気にしずに ただ与えそして導くこと


人は、自分なりに「幸せ」になりたいと思っているはずなのだから

  • 最終更新:2008-12-03 21:24:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード